政治

宮古島への陸自配備容認を正式表明 下地敏彦市長 「旧大福牧場」周辺配備は反対

宮古島市議会6月定例会で宮古島への自衛隊配備容認を正式に表明する下地敏彦市長=20日午後、同市議会

 【宮古島】宮古島市の下地敏彦市長は20日午後、市議会6月定例会の一般質問で、安全保障環境の悪化を念頭に「宮古島への自衛隊については了解する」と述べ、陸上自衛隊の宮古島配備を容認することを正式に表明した。下地市長は陸自配備を容認する一方で、飲料水の地下水源が近隣にある「旧大福牧場」周辺への配備計画については、汚染の可能性が否定できないとして反対するとした。真栄城徳彦市議の質問に答弁した。
 議場では配備に反対する市民が詰め掛け「市長は防衛省の職員か」などと怒号が飛んだ。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス