政治

宜野座村議会 夜間飛行とつり下げ訓練に抗議決議

 【宜野座】宜野座村議会(小渡久和議長)は16日午前、米海兵隊とオスプレイによるつり下げ訓練や夜間飛行に伴う騒音被害に対する抗議決議と意見書を全会一致で可決した。宛先は抗議決議が在日米国大使や在米米軍司令官など、意見書が安倍晋三内閣総理大臣や外務大臣、防衛大臣、沖縄防衛局長など。同議会は同日午後4時、沖縄防衛局を訪れ、両文を手交する予定だ。

 議会は夜間飛行やつり下げ訓練に関して「村民に騒音被害を与え、恐怖と不安に陥れたことは戦場さながらの状況で断じて許されない」と抗議。

 決議文と意見書の中で「民間地上空における米軍機の飛行訓練の即時中止すること」「米軍機の夜間飛行訓練の即時中止」が書かれている。加えて、意見書では騒音被害があった場所については、新たに総音速的を設置することを求めている。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス