社会

ブロック投下進む 辺野古新基地建設 ゲート前で約30人が抗議

大型コンクリート製ブロックを海底に投下するクレーン船=10日午前10時すぎ、名護市の米軍キャンプ・シュワブ沿岸

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、大型クレーン船2隻が10日午前、大型コンクリート製ブロックを海底に投下する作業を始めた。午前11時現在で、2隻から少なくても各3個のブロックが投下されたとみられる。
 海底ボーリング(掘削)調査をする大型特殊船「ポセイドン1」は長島付近にとどまっている。
 この日は9日に続いて波が高く、新基地建設に反対する市民らは抗議船やカヌーによる海上での抗議行動は行っていない。
 10日午前9時ごろ、大型クレーン船の1隻がクレーンを上げ、ブロックの投下作業を始めた。もう1隻も午前10時ごろにクレーンを上げ、ブロックの投下を始めた。この日は海上での抗議がないため、海上保安庁のゴムボートは数艇にとどまっている。
 一方、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では新基地建設に反対する市民ら約50人が三つのゲート前に分かれて抗議行動を行った。午前11時現在、資機材の搬入は確認されていない。
 午前8時30分ごろ、ゲートの1カ所から海上での作業員が乗ったとみられる車両2台が基地内に入った。市民ら約10人が阻止行動をしたが、機動隊員に排除された。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス