社会

東、米軍騒音苦情114件 昨年度の2倍、高江に集中

 【東】米軍北部訓練場を抱える東村で、2016年年4月1日から17年3月14日までに東村役場に寄せられた米軍機による騒音の苦情件数が114件と昨年度に比べて倍増していることが明らかになった。東村議会定例会一般質問で伊集盛久村長が答弁した。伊佐真次氏への答弁。

 村によると、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイによる苦情件数は68件、その他ヘリコプターなどの米軍機は46件だった。15年度のオスプレイ33件、その他23件の計56件と比べるとほぼ2倍になった。苦情はヘリコプター着陸帯がある高江区からの苦情が多かった。伊集村長は「ヘリパッドは民家にも比較的に近い。今後、村民の生活環境が大きく変わることがないよう関係機関に求めていく」と話した。

英文へ→114 noise complaints filed to US military in Higashi


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス