経済

「ゴーヤーバーガー」に続け! ジェフ「おからバーガー」発売

新発売されたおからバーガー。与那原産ヒジキなど県産素材をたっぷり使用している=14日、与那原町のジェフ沖縄

 【与那原】「ゴーヤーバーガー」など沖縄の素材にこだわった沖縄生まれのファストフード店、ジェフ沖縄(喜名民雄社長)は7日、新商品の「おからバーガー」を発売した。パティには、1973年に創業した「とうふのひろし屋」のおからに、与那原産ヒジキや金時豆などを使った健康志向のハンバーガーだ。企画開発室の上原一美さん(49)は「食物繊維もたっぷりで、ダイエット中の方でも罪悪感なく食べられる」とアピールした。

 ジェフ沖縄は93年に「ゴーヤーバーガー」を発売。当初は期間限定メニューだったが、あまりの人気に現在まで続くレギュラーメニューとなった。「ゴーヤーバーガーに続く健康志向バーガーを作ろう」と数年前に提案された一つが、おからバーガーだ。

 試作はことし1月ごろから始まった。「絶対に使いたかった」(上原さん)という与那原産ヒジキも収穫時期に影響されず年間を通じて確保できるよう業者を探した。

 発売からまだ間もないが「思った以上に注文と反響がある」と手応えを感じている上原さん。「看板メニューのゴーヤーバーガーのように、長く愛されるハンバーガーになってほしい」と話した。