政治

江崎沖縄相「振興策前に進める」 経済界との懇談で

県内経済団体との懇親の場で「振興策を前に進める」と意欲を語る江崎鉄磨沖縄担当相=9日昼ごろ、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

 来県中の江崎鉄磨沖縄担当相は9日昼ごろ、県内経済団体代表らと那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューで懇談した。経済界から来年度の沖縄関係予算の所要額確保やインフラ整備への支援について要望を受けた。江崎大臣は「これからの交通の利便性向上、インフラ整備など沖縄の抱えるさまざまな課題に精力的に取り組んでいく。沖縄の優位性を生かした沖縄振興策をしっかりと前に進めていきたい」と協力を呼び掛けた。

 江崎氏は経済界との懇談の後、県内市町村代表らとも懇談した。
 経済界を代表してあいさつした石嶺伝一郎県経済団体会議議長は、県経済が好調に推移する一方、予想を上回る勢いで入域観光客数が増加している影響で空港の機能拡張や二次交通の整備、人手不足への対応、税制優遇の存続問題を挙げ「対処すべき課題も数多く残っている」と述べ、支援を求めた。
 江崎氏に対し来年度の沖縄関係予算の所要額確保を求めると共に「国、県、経済界が一丸となって自立型経済の構築、諸課題の解決に取り組む必要がある」と語った。【琉球新報電子版】