初の防衛戦に臨む比嘉大吾(下)と所属ジムの具志堅用高会長=23日、東京・新宿区の帝拳ジム

 【東京】世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(21)=白井・具志堅スポーツ、宮古工高出=の初の防衛戦が決まった。10月22日に東京・両国国技館でのタイトルマッチでWBCフライ級6位のトマ・マソン(27)=フランス=と対戦する。比嘉と所属ジムの具志堅用高会長が23日、都内で会見し発表した。

 ロンドン五輪ボクシング金メダリストの村田諒太(31)=帝拳=が世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者のアッサン・エンダム(33)=フランス=と10月22日に再戦することが決まっており、その追加カードとして発表された。

 比嘉は「しっかりいい状態で、KOで倒す。(チャンピオンは)防衛するのが難しいと言われているので、挑戦者という気持ちで倒しにいく」と意気込んだ。

 初防衛に臨む比嘉はこれまでの13戦を全勝全KO勝ちしており、日本記録(15戦連続KO勝利)もあと二つに迫る。マソンの対戦成績は21戦17勝(5KO)3敗1分。【琉球新報電子版】