社会

エンジントラブルで警告灯 高江米軍ヘリ炎上 3つのうち1つ停止「残りのエンジンで安全な場所」

米軍ヘリ高江炎上での公明党県本の要請の席で、ヘリにエンジントラブルがあったと明らかにする川田司沖縄担当大使(右)=12日午前、那覇市の外務省沖縄事務所

 東村高江の民間地に米海兵隊普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリが不時着、炎上した事故で、ヘリは不時着前にエンジントラブルで警告灯がつき、三つあるエンジンのうち一つを停止し、残りのエンジンで着陸場所を探して飛んでいたことが12日分かった。川田司沖縄担当大使が12日午前、公明党県本からの要請の席で明らかにした。

 川田大使は「残りのエンジンで安全な場所に移動しようとしていたが、次善の策として空き地に着陸した。これから原因究明をするということだ」と経緯を説明した。川田大使は事故を受けて11日にローレンス・ニコルソン在沖米四軍調整官に電話で抗議したとも述べた。【琉球新報電子版】