社会

ダンプカーが砕石を積み込み 国頭村奥港の大型船へ 住民ら涙の抗議

大型船に砕石を積み込むダンプカー=13日午前9時35分、国頭村の奥港(花城太撮影)

 【国頭】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡る新基地建設で13日午前9時すぎ、海上搬送のための砕石を積んだダンプカーが国頭村の奥港に到着した。

 ダンプカーは1台1台船に砕石を積み込んでいった。
 
 工事に反対する奥集落の住民や村外から集まった約40人が「私たちに死ねと言ってるのか」「こんなに住みやすい土地なのにどうしてこんなことをするのか」などと涙を流しながら訴えた。

 奥に住む85歳の女性は「もう泣きたい。この静かな奥が米軍基地を造るために利用されると思ったらなんと言ったらいいか。安心して生活できてたのに。これから、何百台もダンプカーが通ったら私たちに家の外に出るなと言ってるのか。死ねと言ってるのか」と目に涙をためて訴えた。【琉球新報電子版】