社会

市民ら移動させ約90台基地内へ 沿岸部で砕石投下を確認

県警の機動隊に強制的に移動させられる市民ら=21日午前8時55分、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で21日、建設に反対する市民およそ40人が米軍キャンプ・シュワブゲート前に早朝から座り込み、抗議した。


米軍キャンプ・シュワブ内に建築資材を運び入れる大型トラック=21日午前9時7分、米軍キャンプ・シュワブのゲート前

 時折、小雨がぱらつく中、市民は一人一人、マイクを握り、歌ったり反対の思いを語ったりした。県警がごぼう抜きで市民を排除し、砕石など工事資材を積んだ大型トラックやミキサー車約90台が基地内に入った。


列をなして米軍キャンプ・シュワブ内に入るコンクリートミキサー車21日午前9時、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前

 辺野古崎南西側の「N5護岸」や「K1護岸」では砕石の投下や、重機でならす作業が確認された。風が強く、カヌーでの海上抗議は行われなかった。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス