経済

沖縄県産キク、本土へ JAとJALが臨時便

県産キクの臨時便をアピールするJAの平安山英克部長(左端)とJALの沼畑康夫部長(右端)ら=20日午後9時、那覇空港

 JAおきなわ(大城勉理事長)と日本航空(JAL)は20日夜、正月用花卉(かき)の臨時便の出荷作業を那覇空港貨物ターミナルで公開した。21日未明に羽田空港へ出発する機体に、県産キクなど約2千ケースを積み込んだ。今期の県産花卉は例年に比べても引き合いが強く、単価も良好に推移している。

 JAおきなわは12月中にキク類は約10万1千ケース(前年比10%増)を出荷し、他の品目も合わせた「おきなわの花」ブランドとして約11億円の販売額を計画している。

 営農販売部の平安山英克部長は「農家の努力で生産量が増えた。沖縄の花で県外需要を満たし、彼岸にもつなげたい」と語った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス