教育

晴れ舞台へ部員一丸 伊江中吹奏楽部 7日、琉響公演で共演

 【伊江】伊江村立伊江中学校(宮里嘉昌校長)の吹奏楽部メンバー11人が、7日に村農村環境改善センターで開かれる琉球交響楽団の「ふれあいコンサートin伊江島」(主催・特定非営利法人琉球交響楽団)に出演する。部員らはコンサートを成功させようと練習に励んでいる。


練習に力を入れる11人の吹奏楽部メンバーら=1月30日、伊江村立伊江中学校

 コンサートは「地域の文化力振興事業」の一環。7日には伊江中吹奏楽部のほか、ピアノ独奏に村川平区出身で伊江中音楽教諭の下門健吾さんが出演する。

 部員らは1カ月前から共演曲を練習しており「譜面通り丁寧に強弱をつけるところに力を入れている」と話す。吹奏楽部2年の与那城茉莉花さん、東江樹奈さん、知念琉星さんは「家族だけではなく小さな子どもでも楽しめる。音楽好きな方や地域の方たちにぜひ足を運んでもらいたい」と、多くの来場を呼び掛けている。

 8日には「0歳児からのコンサート」も開かれる。7日は午後7時開演、8日は午前10時開演。両日とも入場無料で、未就学児も入場可。問い合わせは琉響事務局(電話)090(9783)7645。

(橋口美奈通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス