経済

甘酸っぱい「ちゅらとまと」をどうぞ! JA豊見城、出荷

傷がないかなどスタッフがチェックした後、出荷される豊見城ブランドの「ちゅらとまと」=11日、豊見城市の選果場(古堅宗陽撮影)

 沖縄県で豊見城産のブランド野菜「ちゅらとまと」の出荷がピークを迎えている。11日、JAおきなわ豊見城支店の選果場では生産者が運び込んだ色鮮やかなトマトが選別され、県内外に向けた出荷準備が進められた。県外への輸送を経て追熟し、赤みが濃くなる。

 豊見城のトマトは国指定産地や県拠点産地に認定されている。JA豊見城支店によると、今年は冷え込みの影響があったが、例年並みの約1200トンの出荷を見込む。

 JAおきなわ南部地区営農振興センターの長嶺咲希さんは「自然に近い状態で栽培できるので味が乗りやすく、酸味と甘みのバランスもいい。サラダやスープなど幅広く食べてほしい」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス