スポーツ
釣りへ行こう

那覇一文字でタマン爆釣

4月24日、那覇一文字で72.2センチ・4.63キロと、71.1センチ・4.08キロをはじめ10匹を釣った大浜伸介さん(左)と安里和也さん(AKTD)

 毎年ゴールデンウィーク前後にタマンが爆釣することが多い那覇一文字は、毎年多くのタマン釣り師が訪れる。釣りクラブAKTDの安里和也さんもその1人で、彼によると、本当に爆釣する日は年間2日から3日のピンポイントだという。今年もこれまでのデータと天候等を分析して23日から24日と予測。メンバーの大浜伸介さんと2人で北の防波堤に23日午後2時に渡った。

 この日の防波堤は2人で貸し切り状態で、明るいうちから数本の竿(さお)を出してアタリを待った。最初のアタリは午後4時で、60センチほどのタマンを釣った。午後7時には4本出した竿の3本に同時にヒットし、55センチと57センチと60センチのタマンが釣れた。

 その後はアタリが無く、午前3時に50センチが釣れ、午前4時半にこれまでとは違う強いアタリがあった。竿が大きく曲がり、ジリジリとラインが引き出された。少し走った所で根に張り付いたのでラインを緩め、魚が動きだすのを待った。5分ほどで動きだした魚は右に左に走り回り、必死の抵抗を見せ、2分ほどでタモ入れしたのは71・1センチ、4・08キロの大型タマン。

 午前5時に、今度は大浜さんに大きなアタリがあり、必死のやり取りで72・2センチ、4・63キロの大物を釣った。その後も55センチを釣り上げ、2人で10匹と爆釣した。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


4月9日、那覇一文字で64センチ・3.31キロと58.5センチ・2.35キロのタマンを釣った仲吉洋介さん(チーム海クヮーサー)

4月18日、安謝海岸で40.5センチ・1.04キロのチヌと42.5センチ・1.7キロのカーエーを釣った玉城綱樹さん


4月19日、与那原海岸で68.5センチ・5.46キロのマクブを釣った知念努さん

4月21日、名護海岸で46.5センチ・1.7キロのチヌを釣った具志堅章さん


恩納海岸で56センチ・2.5キロのタマンを釣った大嶺彪馬さん

4月16日、中城湾で50.5センチ・2.26キロのチンシラーを釣った吉田浩二さん


4月22日、西崎一文字で45センチ2匹ほか4匹のカーエーとマクブとタマンを釣った翁長良治さん

4月22日、安謝海岸で105センチ・20.05キロのロウニンアジを釣ったと當山匠さん


4月14日、西崎海岸で55.7センチ・2.12キロのタマンを釣った新垣直也さん

4月14日、北谷海岸で50センチのマゴチを釣った上江洲豪さん


釣りへ行こう

瀬底島でカーエー4連発

2018年6月15日 15:29

「みっぴ」が実力発揮

2018年6月8日 15:29

鳩間一文字でカースビー

2018年6月1日 14:14

ナカチンジでバショーカー

2018年5月25日 15:54

瀬良垣でカーエー3匹

2018年5月18日 15:04

こどもの日に半日ツアー

2018年5月11日 16:12
関連するニュース