地域

ものづくり体験など催し多彩 6月の海洋博公園 生き物観察ツアーも

 【本部】本部町の海洋博公園は6月、沖縄で採れた植物を使ったキャンドルのアロマワックスバー、木の実などを素材にしたマグネット、植物標本をオイルで浸したガラス瓶に入れてインテリアとして飾るハーバリウムなど、園内でものづくり体験を企画している。生き物観察ツアーもある。海洋博公園を管理運営する沖縄美ら島財団の照屋佳穂さん=写真、瀬底奈々恵さんが23日、琉球新報社北部支社を訪ね「親子で楽しめる企画が盛りだくさんだ。ぜひ楽しんでほしい」と来場を呼び掛けた。

 詳細は次の通り。いずれも問い合わせは海洋博公園管理センター(電話)0980(48)2741。

▽ハーバリウム作り(6月2~30日の土・日) 各回先着100人。料金800円

▽自然素材でマグネット作り(6月2日~7月1日の土・日) 1日先着100人

▽アロマワックスバー作り(6月30日、1日2回) 料金500円。各回先着20人、要事前予約。小学生以上

▽奄美・やんばる・西表の貴重な植物展(6月9日~7月8日) 絶滅危惧種や動物の標本も展示(ハーバリウム~植物展は、いずれも熱帯ドリームセンターで。入館料大人760円、小人無料)

▽木の実のアクセサリー作り(2~30日の土日、熱帯・亜熱帯都市緑化植物園) 無料

▽昆虫探検ツアー(6月3日、17日の午前10時~正午) 無料。各回先着15人、要事前予約

▽ウミガメ放流会(7月7日午前11時20分~午後2時40分、同8日午後0時40分~午後4時) 1日3回。無料。往復はがきで事前応募、当選した各回20組。締め切り6月22日必着。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス