社会

【台風10号】空の便 ピーチ20、21日の計14便欠航 RACも離島便で一部欠航

 台風10号の接近に伴い、琉球エアコミューター(RAC)は20日、那覇と南大東島を結ぶRAC861便(那覇午前9時40分発)、RAC862便(南大東午前11時15発)の欠航を決めた。

 また、那覇―北大東島(RAC847、午後3時10分発)、北大東島―南大東島(RAC836、午後4時50分発)、南大東島―那覇(RAC868、午後5時40分発)の欠航も決まった。

 ピーチ航空は那覇空港を発着する20、21日の国内・国外線計14便の欠航を決めた。合わせて2371人が搭乗予定だった。20日に欠航が決まった国内線は、那覇空港を午後7時45分に出発し、関西空港に向かう予定だったMM220便と、福岡空港を午後8時に出発し、那覇空港に向かう予定だったMM289便の2便。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス