くらし

沖縄の猫を幸せに 有志が「向上委員会」結成 きょうからイベント

イベントをPRする島猫力向上委員会の(左から)松島由布子さん、畑井モト子さん、伊東一洋さん

 沖縄の猫を幸せにしたい―。“猫愛”あふれる3人が「島猫力向上委員会」を結成した。21~23日にイベント「島猫ニャートジャムsession1」を那覇市牧志の平和通り仲間ビル3階「Caと」で開く。猫映画、猫写真展、猫集会―と猫づくしの企画に、メンバーで映画「Nyaha!」プロデューサーの松島由布子さんは「沖縄の猫の現状を知ってもらう間口を広げたい」と語った。

 島猫力向上委員会のメンバーは松島さんと、猫に関するフリーペーパー「つなぐ」を発行する畑井モト子さん、猫のポータルサイトおきなわにゃんこビレッジ代表の伊東一洋さん。3人は、県外に比べて野良猫や猫の殺処分が多い沖縄の現状を広く知らせ、現状を変えるために委員会を立ち上げた。

 松島さんは「猫好きだけでは解決できない問題がある」と指摘。殺処分ゼロの啓発活動に取り組む畑井さんは、野良猫の問題は「地域の問題」として、「県民一人一人が当事者になってもらうことが大事。楽しみながら、命について考えるきっかけになれば」と来場を呼び掛けた。

 イベントは、猫をあらゆる角度から撮影した人気写真集「にゃんたま」の写真展と写真家の芳澤ルミ子さんのサイン会、島猫映画「Nyaha!」の上映会などがある。猫と人が食べられる料理教室や猫好きが集まる「島猫集会」も開かれる。入場無料。午前10時~午後8時。21日のみ台風10号の影響で午後3時から開催する。