政治
知事選 9・30

沖縄県知事選 構図固まる 佐喜真氏 自民・公明に維新と希望 玉城氏 オール沖縄に立民、国民

 前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新推薦=と衆院議員の玉城デニー氏(58)による事実上の一騎打ちとなる県知事選まで1カ月を切る中、政党間の推薦、支援態勢の構図が固まった。今選挙戦の最大の特徴は、前回自主投票だった公明党県本が、辺野古新基地建設を進める自民党が推す佐喜真氏への推薦を決めたことで、知事選では8年ぶりに国政与党の自公が推す候補者と国政野党が支援する候補者が対決する構図となった。

 名護、石垣、沖縄などの市長選では自公と連携を組む維新も8月30日に佐喜真氏に推薦状を交付した。知事選では初の自民、公明、維新が共闘する枠組みとなった。維新は前回知事選では下地幹郎衆院議員を支援した。自民は菅義偉官房長官や二階俊博幹事長、竹下亘総務会長ら政府や党の幹部が相次いで来県するなど「挙党態勢」で知事選に臨む。

 対する県政与党は、前回知事選と同様に、幅広い層から支持を得るために玉城氏への推薦は出さない考えで、翁長雄志知事が構築した「オール沖縄」体制を前面に掲げる。県議会与党会派のおきなわや「おきなわ政治・経済懇和会」、保守・中道系市町村議員らで組織する「新しい風・にぬふぁぶし」も玉城氏を支援する。

 一方、公明と同様に、前回知事選で自主投票だった国民民主(旧・民主党)は玉城氏支援に回るほか、旧民主の流れをくむ立憲民主も玉城氏を支援する。
 (’18知事選取材班)