経済

最優秀賞に2商品 商工会特産品コンテスト 希少部位使用のプレスハム、石垣模様のガラス食器

 県商工会連合会(米須義明会長)は18日までに、地域特産品のPRと販路拡大を図る第21回商工会特産品コンテストの受賞作品を発表した。最優秀賞となる県知事賞には、食品の部で農業生産法人アンビシャスの「旨味丸ごと 奥ふぁーむのプレスハム」、非食品の部でグラスアート藍の「ISHIGAKI」が選ばれた。


最優秀賞に輝いた農業生産法人アンビシャスの旨味丸ごと奥ふぁーむ(提供)

グラスアート藍のISHIGAKI(提供)

 プレスハムは肉質の良さを引き出し、希少部位を有効活用したことが評価された。ISHIGAKIは、今帰仁城跡の石垣を抽象化したデザインで、美しさと食器としての機能性が評価された。受賞品は19日から始まる沖縄の産業まつりで紹介する。その他の受賞品は次の通り。

 【食品の部】県連会長賞=マカロン5個(パティスリーAKAHIRO)▽奨励賞=百花はちみつ(楽ワーク福祉作業所)、ココナッツブルー(島ジェラート&カフェISOLA)、二代目阿麻和利バーガー(BONES)▽審査員特別賞=シークヮサー甘ざけソルベ(もとぶ糀の里工房みら)

 【非食品の部】県連会長賞=エイサー柄Tシャツ(トミハチ)▽奨励賞=漆喰シーサーキット(シーサーぎゃらりーゆしびん)▽審査員特別賞=フクギ染め絹のストール(ちゅらさ工房)