社会

「平成」最後の年賀はがき販売が始まる 県内866万枚発行を予定

「平成」最後のお年玉付き年賀はがきを買い求める客=1日午前、那覇市壷川の那覇中央郵便局

 日本郵便は1日から「平成」の年号では最後となる2019年用お年玉付き年賀はがきの販売を全国の郵便局などで一斉に始めた。

 那覇市壺川の那覇中央郵便局では同日、販売開始セレモニーがあり、日本郵便沖縄支社の比嘉明男支社長や那覇中央郵便局の福原浩之局長などによるテープカットや市内の園児によるダンスが催された。


お年玉付き年賀はがき販売を記念してテープカットを行う日本郵便沖縄支社の比嘉明男支社長、那覇中央郵便局の福原浩之局長ら=1日午前、那覇市壷川の那覇中央郵便局

 県内での当初発行枚数は866万4千枚を予定。販売期間は2019年1月11日までとなっている。

 福原局長は「年賀はがきは気持ちを書いて伝えるという暖かさがある」とあいさつし、年賀はがきの購入を呼び掛けた。

 セレモニーの最後には、ながやま保育園と向陽保育園の園児たちが、それぞれダンスを披露した。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス