スポーツ
釣りへ行こう

田中修司さん8種、10匹

10月20日、那覇一文字真ん中ポイントで50センチオーバーのウムナガーを釣った田中修司さん

 10月20日、那覇一文字を会場にSWFC実釣会が開催された。シマノの新製品のロッドを使って30センチ以上の魚5匹までの総重量を競うもの。那覇一文字の通称「真ん中」に渡ったメンバーは、番号順に思い思いのポイントで釣りをした。

 この日の那覇一文字はベラなどの小物のアタリが多く、30センチ以上の魚がなかなか釣れず苦戦したが、宮城政広さんが白灯近くでイラブチャー3匹を釣り優勝。2位の島克徳さんは真ん中ポイント近くで竿(さお)を出し、イラブチャー2匹を釣り2位。最年少の渡嘉敷みなと君はお父さんと共に白灯近くで竿を出し、イラブチャー2匹を釣って3位入賞を果たした。

▽1位 宮城政広 3匹 2・36キロ

▽2位 島克徳  2匹 1・71キロ

▽3位 渡嘉敷みなと 2匹 1・68キロ

 今回はスペシャルゲストとして田中修司さんも参加して大会を盛り上げた。大分県米水津をホームグラウンドに全国を飛び回り、シマノジャパンカップ磯釣り選手権2度優勝の実力者で県内にもファンが多い。

 他の参加者が苦戦している中、田中さんは開始早々40センチ前後のガーラを釣り、すぐに同サイズのタマンを釣り上げて、周囲を驚かせた。その後も勢いは止まらず50センチ前後のウムナガー2匹のほか、クチナジやアーガイなどをコンスタントに釣り、8種・10匹以上を釣り上げ、参加者たちを驚かせた。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


10月20日、那覇一文字白灯ポイントでイラブチャー2匹、1.68キロを釣って3位入賞した渡嘉敷みなと君

10月20日、伊良部島で73センチのナンヨウカイワリを釣った島尻雄斗さん


10月24日、東浜で95.5センチ・10キロのオニヒラアジを釣った安慶田良太さん

10月23日、残波岬で129センチ・11キロのマンビカーを釣った高良広昭さん


10月20日、中城海岸で48.5センチ・2.37キロのマクブを釣った小橋川すかいさん

10月24日、与那原海岸で91センチ・8.3キロのオニヒラアジを釣った高橋佑輔さん


10月27日、伊計島で69.5センチ・4.83キロのムネアカクチビを釣った名幸涼さん

10月27日、海中道路で竿2号、ハリス2.5号で52センチのタマンを釣った森根涼人さん


10月27日、北大東島で140センチ・36.95キロのロウニンアジを釣った知花応樹さん

10月20日、糸満沖の半日釣りでグルクン、ミーバイ、ナガイユーなどを釣った新垣さん、海老沢さん、猪口さん、新垣さん、山城さん(セイブV)


釣りへ行こう
関連するニュース