地域

中山市長も理解示す 石垣・陸自住民投票 求める会と面談

中山義隆市長(左端)と面談する金城龍太郎代表(左から2人目)ら市住民投票を求める会メンバー=6日、石垣市役所

 【石垣】石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票実施に向けて市選挙管理委員会に署名簿を提出した「市住民投票を求める会」の金城龍太郎代表らは6日、市役所で中山義隆市長と面談した。住民投票実施に向けた思いや考えを伝え、中山市長も理解を示した。

 面談は中山市長が呼び掛けた。金城代表は「配備計画について考えるきっかけになってほしい」と住民投票の目的を説明。今後、シンポジウムの開催などを通じて議論する場をつくっていきたいとの考えを示し、市長への協力も求めた。

 中山市長は面談後、報道陣に対し「当初は反対運動の延長線上のイメージがあったが、純粋に島のことを考えた思いということが分かった」と話した。「(条例案を審議する)市議会でも賛成意見が多いと思う」との見方を示し、議会での議論を注視する考えを示した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス