社会

ウィルタネン彗星がすばるに最接近 夜空輝くランデブー

(宮地竹史さん提供)

 ウィルタネン彗星(すいせい)が、沖縄で昔から親しまれているすばる(むりぶし、むりかぶし)に最接近している。今週中はウィルタネン彗星とすばるの“共演”が楽しめそうだ。

 ウィルタネン彗星は太陽の周りを約5・4年周期で回る彗星で直径約1.2キロの氷の塊。地球には16日に最接近したが、美ら星ガイド・アドバイザーの宮地竹史さん(70)によると、今週いっぱいは双眼鏡でも観測できそうだという。

 宮地さんは「沖縄で親しまれてきたむりぶしとのランデブーをぜひ楽しんでほしい」と話した。(石垣、写真は宮地さん提供)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス