社会

初売りへ準備着々 沖縄県内各店 福袋に“夢”詰め込み

新年の初商いに向け福袋の準備に追われる従業員=30日、那覇市泉崎の那覇オーパ(田中芳撮影)

 沖縄県内のデパートや大型スーパーでは、新年の初商いに向けた準備が大詰めを迎えている。那覇市泉崎の那覇オーパ内にあるルームウエアブランド「ジェラートピケ」では30日、初売りに向け従業員が福袋を準備した。那覇オーパは1月1日午前9時から、専門店を含めた約25店舗で福袋を販売する。

 サンエーの初売りは1日午前9時から。人気のかりゆしウエアなどが入った福袋を販売。年賀はがきの番号で割引をする福割は、対象商品に化粧品などを新たに加え、1月15日まで実施する。

 イオン琉球は1日から県内6店舗と各専門店で初売り。イオンモール沖縄ライカムでは1万3千個の福袋を用意し、毎年人気の食品などが入った福腹(ふくふく)袋も発売する。

 デパートリウボウは2日午前9時半から初商い。福袋大市ではファッションアイテム6~8点をセットにした「壱万円福袋」計290個を1階正面入り口で販売する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス