政治

「我慢の限界超えた」 玉城デニー知事、四軍調整官と初面談

玉城デニー知事(右)と面談するエリック・スミス四軍調整官(左)=23日、那覇市の県庁

 玉城デニー知事は23日、県庁で知事就任後初めて在沖米軍トップのエリック・スミス四軍調整官と面談した。沖縄の過重な基地負担について「我慢の限度を既に超えている」と批判した。普天間第二小への米軍ヘリ窓落下など相次ぐ米軍機の事故が「多くの県民を恐怖に陥れている」と抗議したほか、万が一、事件や事故が発生した場合の通報体制を確立するよう求めた。

 スミス四軍調整官は「同盟関係に身を置き、日本の安全保障のために常に準備を整え、沖縄の人たちを含めて安全を提供している」とした上で「安全面については沖縄側に最大限配慮したい」と述べた。