地域

ネパールの文化に触れよう 沖縄・若狭公民館でイベント

ネパール交流イベントでネパール語での「かぎやで風節」を披露する演者=14日、那覇市若狭

 ネパールとの文化交流イベント「ネパール・ニューイヤーパーティー」(若狭公民館主催、沖縄ネパール友好協会共催)が14日、沖縄県那覇市の若狭公民館で開かれた。昨年に続き2回目。会場ではネパールの衣装やフードが販売されたほか、琉球古典音楽の「かぎやで(かじゃでぃ)風節」を演者がネパール語で歌う場面もあり、約300人の参加者が歌と踊りを楽しんだ。

 若狭公民館の宮城潤館長は「県内にはネパールコミュニティーが急速に増えている。相互理解を深めていきたい」とあいさつ。ネパールのカレーを味わった沖縄市の飲食店員、仲田恒男さん(51)は「ネパール文化を知る良い機会になった」と笑顔を見せた。

 沖縄に住んで13年になる沖縄ネパール友好協会会長のサンジブ・シレスタさん(44)は「恒例のイベントにして沖縄の人にネパールのことをもっと知ってほしい」と意欲を示した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス