地域

カンムリワシ、陸自配備予定地周辺で営巣活動 沖縄防衛局が工事を一時中断

カンムリワシ

 【石垣】石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画を巡り、沖縄防衛局は9日、4月下旬に予定地周辺で実施した環境モニタリング調査で、国指定特別天然記念物カンムリワシの営巣活動が確認されたと公表した。一時的に工事を中断しており、「必要な保全措置を含め、市や有識者の意見を踏まえながら工事を進めたい」としている。

 防衛局や市によると4月24~26日に実施した調査で、工事現場から約400メートル離れた場所でつがいとみられるペアの雄が他の雄を追い払うなどの行動を確認し、同26日から工事を中断した。同日に市に状況を報告した。

 5月7日に専門家に意見聴取したところ、距離が離れているため、突発的に大きな機械音が発生するような作業以外は工事継続に支障はないなどの助言があったとした。今後も専門家に意見を聴くとしており、工事再開時期は未定という。

 市も独自に地元の専門家に意見を聴いたところ、工事継続の影響についてはほぼ同様の意見だったとした。9日に会見を開いた中山義隆市長は「繁殖に影響がないようにしてもらうのは当然だ」とした。工事停止は求めていないという。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス