政治
参院選2019

安里繁信氏が出馬表明 参院沖縄選挙区 「経済振興で発展」

自民党公認候補として夏の参院選に出馬表明するシンバホールディングス会長の安里繁信氏=11日午後、那覇市泉崎のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

 夏の参院選に向け沖縄選挙区に立候補を予定しているシンバホールディングス会長の安里繁信氏(49)=自民公認、公明推薦=は11日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューで記者会見し、自民党からの出馬を正式に表明した。安里氏は「地域の声を形にし、半世紀先の沖縄を見据え、わくわくどきどきする沖縄を国政与党の立場でデザインしたい」と述べ、経済振興による沖縄の発展を前面に掲げた。

 安里氏は選挙戦最大の争点を「ポスト沖縄振興計画」と位置付け、「絵に描いた餅ではなく現実味、説得力のある政策を提示していく」と訴えた。

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非については、今後の政策発表で明らかにするとして言及を避けた。一方で、辺野古問題で政府と県の対立が続く現状を念頭に「沖縄に軸足を置き、政府が進める政策を説明する立場ではなく沖縄の声を政府に伝える役回りになる」と訴えた。

 昨年の知事選と同じ自民、公明に維新を加えた「自公維」態勢で臨む。会見には稲嶺恵一元知事や後援会会長の西銘順志郎元参院議員らが同席した。

 参院選沖縄選挙区は安里氏と元琉球大法科大学院教授の高良鉄美氏(65)との一騎打ちが見込まれる。