社会

与那国島で50年に一度の大雨 観測史上最大 1時間に109・5ミリの猛烈な雨 昼頃まで注意を

13日午前9時40分現在の雨の状況(気象庁レーダー・ナウキャストより)

 石垣島地方気象台は13日、与那国町で50年に一度の記録的な大雨が降っているとして記録的短時間大雨情報を出した。沖縄気象台によると、雨雲は与那国島付近で停滞するといい、同日昼前まで、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してほしいとしている。

 与那国町役場によると、午前7時半に災害対策本部を設置し、午前9時に全域に避難勧告を出した。役場によると午前10時現在、負傷者などの情報はない。道路の冠水や住宅の浸水などの情報が複数あるといい、被害状況の確認を急いでいる。町教育委員会や各小中学校などによると、比川幼稚園と比川小が雨のため休校した。

 沖縄気象台によると、与那国町所野の観測地点で午前7時26分に、5月の観測史上最大となる1時間に109・5㍉の猛烈な雨を記録。与那国島の観測地点でも午前7時13分、1時間に86・5㍉の猛烈な雨を記録した。午前9時40分までの24時間雨量は所野が418㍉、与那国島は389㍉と、いずれも5月の観測史上最大となった。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス