経済

化粧落とし、洗顔、パックがこれ一つで! 沖縄県産素材で作った「琉球モイスチャー洗顔パック」

化粧落としから洗顔、パックまでを一度にできる「琉球モイスチャー洗顔パック」を紹介する當山佐菜代表=6日、豊見城市

 美容業のラフォーエスカンパニー(豊見城市、當山佐菜代表)が、化粧落としから洗顔、パックまでを一度にできる化粧品「琉球モイスチャー洗顔パック」を開発した。シークヮーサーなど県産素材を原料に使用しており、肌に優しい化粧品に仕上げた。肌の洗浄から保湿までを一つでこなせることから、當山代表は「忙しい女性に使ってほしい」と願っている。

 琉球モイスチャーは肌に乗せると自然に発泡するため、泡立てる作業も短縮できる。炭などを配合していることから毛穴の奥の汚れも吸着でき、原料のシークヮーサーやパッションフルーツ、黒砂糖などが保湿の機能を高めている。

 肌に塗るだけでパック機能まで果たし、最後は洗い流せばいいので、入浴しながらでも使用できる。當山代表は「忙しくて肌のケアに手が回らない女性のために製品を考案した」と語る。

 2018年から県内を中心に販売を開始した。シンガポールの百貨店でも製品を販売し、400個を売り切った。初回に生産した製品はすべて完売したという。水の代わりにアロエエキスを使用するなど、改良した製品を7月ごろに販売する予定だ。今後は海外展開も視野に入れる。當山代表は「常に進化を続けて、沖縄を代表する化粧品を目指す」と力を込めた。

 ラフォーエスカンパニーはまつげエクステンション店が主な事業で、琉球モイスチャーの販売に合わせて、化粧品の開発や営業を手掛ける部署を新設した。當山代表は「若い世代が働ける場所をつくろうと思った。製品を通して多くの人が幸せになってもらいたい」と思いを語った。
 (平安太一)



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス