社会

閉園になった保育園の運営継続求めて署名活動 浦添市の認可外園

美咲保育園

 【浦添】沖縄県浦添市伊祖の認可外保育施設「美咲保育園」(園児94人、銘苅秀人代表理事)が7月末の閉園を決めた問題で、保護者有志の会が6月30日、保育園の運営継続などを求めて署名活動を始めた。インターネットも活用し、「一人でも多く集めたい」(有志の会)。署名は7月8日に市と園に提出する方針だ。

 同会は6月27日、「少なくとも本年度末まで運営を継続できるよう取り得る措置を全て講じる」などとした嘆願書を市と園に提出した。その嘆願書の実現に向け、署名活動を始めた。

 事務局の玉城健一郎さん(35)によると、同会のメンバーは約50人。署名活動は人づてのほか、ウェブ上でさまざまな署名をまとめたサイト「change.org(チェンジ・ドット・オーグ)」で展開している。玉城さんは「美咲保育園で楽しく過ごしていた94人の園児が、このままでは大人の事情でどこかに行かないといけなくなる。力を貸してほしい」と話している。