社会

ウチナーンチュ大会閉会式 さらなる交流、再会誓う

4日間の日程に幕を下ろした第5回世界ウチナーンチュ大会閉会式=16日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇

 海外・国内の県系人が結集する5年に1度の祭典、第5回世界のウチナーンチュ大会(県など同実行委員会主催)は16日夜、沖縄セルラースタジアム那覇で、県系人・県民合わせて約3万1千人が参加し、盛大に閉会式・グランドフィナーレが催された。

 琉球の歴史を再現させた劇、沖縄の歌や踊りを次々に展開。最後は参加者全員が入り交じってカチャーシーを踊り、熱気が冷め止まぬ中、4日間の日程に幕を下ろした。大会閉幕後も、抱き合う人、思いがあふれ涙する人の姿が多く見られ、感動の渦に包まれた。海外国内の県系人と県民との新たな絆が生まれ深まり、ウチナーンチュとしての「誇り」を共感、今後のさらなる交流や再会を誓い合った。【琉球新報電子版】

英文へ→Closing ceremony of 5th Worldwide Uchinanchu Festival – 31000 participants vow to continue exchange and to come together again



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス