社会

再発防止を知事求める 米軍ヘリ墜落

 【東京】仲井真弘多知事は6日、菅義偉官房長官、小野寺五典防衛相、岸田文雄外相を個別に訪ね、米軍HH60救難ヘリ墜落事故について、原因究明までの同型機の飛行停止や再発防止などを米軍に強く働き掛けるよう求めた。

政府側は、米側に原因究明の徹底と再発防止策が講じられるまでの同型機の飛行停止を申し入れたことを伝えた。
 知事は要請後、「オスプレイ配備と重なり、県民の不安はいやが上にも高まっている」と強調。「県は追加配備の中止を含む配置見直しを求めている。沖縄だけに集中せず、分散配備をやってほしい」と述べた。さらに「尖閣があるから(基地を)沖縄だけに集中すべきというのは暴論だ」などと語った。
英文へ→U.S. military helicopter crashes in training area near village



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス