地域

久米島で13年ぶり雨乞い大綱曳き 熱戦の末、西が勝利

参加者が東西に分かれ、熱戦を繰り広げる久米島大綱曳き=17日、久米島町ふれあい公園

 【久米島】第13回久米島まつり(同実行委員会)が17日、久米島町ふれあい公園で催され、久米島大綱曳きが13年ぶりに復活した。

島内外から多くの人々が参加し、長さ約90メートル、重さ約5トンの大綱を引いた。久米島大綱曳きは干ばつ時に「雨乞い綱」として引き合ったのが起こりと言われ、今回は与那原大綱曳きで使用した綱を譲り受けて行われた。熱戦の末、西が勝利した。
 大綱はふれあい公園の野外ステージ前に置かれた。雄綱と雌綱の結合を前に、東西両陣営が対峙(たいじ)。護佐丸と阿麻和利に扮(ふん)した若者が板敷きの上に乗り、ほら貝や銅鑼(どら)、爆竹が鳴り響く中、掛け声とともにガーエー(競演)を繰り広げた。
 この後、大綱にカヌチ棒を差し込み、引き合いが始まった。
 県外から訪れた女性は「初めて綱引きを見て驚いた」と興奮した様子で話した。参加者は綱を縁起物として持ち帰っていた。綱引きの後、通り雨があり、雨乞いの効果かとも思える場面があった。(中島徹也通信員)
英文へ→Kumejima tug-of-war, prayer for rain



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス