地域

名護ゆるキャラ総選挙 候補100点、投票14日まで

ゆるキャラ候補を見定める市民=10日、名護市役所

 【名護】名護市の観光を盛り上げようと、市と市観光協会は10日、市役所1階ロビーで名護の「ゆるキャラ」を選ぶ“総選挙”を開始した。14日まで。

ロビーには投票箱と一緒に1次審査を通過したゆるキャラ候補100点のデザイン画が掲示され、訪れた市民はじっくりと目を通し、1票を投じていた。
 ゆるキャラは市のイメージアップを目的に、昨年11月からことし2月までの約4カ月間公募し、市民らから557点が集まった。今月2日にゆるキャラ募集事務局の市観光協会が1次審査を行い、候補は100点に絞られた。
 総選挙に進んだゆるキャラ候補は、シークヮーサーやパイナップル、アグーなどの特産品、イルカやジュゴンといった動物を擬人化した作品がある。名護のシンボル「ひんぷんガジュマル」、名護親方(程順則)にちなんだ作品もある。
 ゆっくりと作品を選んで投票した大学生の松田海太さん(23)は「実際に着ぐるみにした時にかわいいと思うもの、名護っぽいものに投票した」と語った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス