経済

チャンギ空港と協定 県、シンガポール線目指す

相互協力連携協定を結んだチャンギ空港グループのウォン・ウーンリョン上席顧問(右から2人目)と仲井真弘多知事(同3人目)ら=25日、那覇空港国際線旅客ターミナルビル

 県は25日、シンガポールのチャンギ空港グループと航空ネットワークの強化などに向けた相互協力連携協定を締結した。県が海外の空港と連携協定を結ぶのは初めて。調印式が那覇空港国際線旅客ターミナルで開かれ、仲井真弘多知事やチャンギ空港のウォン・ウーンリョン上席顧問らが出席した。

 今後、チャンギ空港グループは、シンガポールの主要旅行社と航空会社に対する沖縄直行便の働き掛け、東南アジアなどからシンガポール経由での沖縄への観光誘客や相互航空物流の促進などを図っていく。調印式で仲井真知事は「沖縄とアジアなどとの交通往来がより密になるよう期待したい」とあいさつした。
 ウォン氏は「現在シンガポールから沖縄への直行便がなく、沖縄まで約10時間がかかる。直行便があれば約5時間に短縮できる」と説明。今後の展開について「まずは両都市間のチャーター便誘致に取り組み、さらに定期直行便の就航を目指したい」と強調した。
 現在、チャンギ空港には100社の航空会社が就航し、世界260都市と直行便で結んでいる。同空港グループは成田空港とも連携している。
英文へ→Okinawa, Changi Airport sign cooperation agreement



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス