教育

動物管理士に55人合格 中部農林高、危険物取扱者にも1人

愛玩動物飼養管理士、危険物取扱者資格に合格した生徒ら=24日、中部農林高校

 【うるま】県立中部農林高校熱帯資源科の生徒55人がこのほど愛玩動物飼養管理士2級・準2級、1人が危険物取扱者資格(乙全種)の試験に合格した。

 愛玩動物飼養管理士は日本愛玩動物協会の認定資格で、ペットの販売・保管ができる。中部農林高は2008年から養成指定校として生徒を指導している。今回、受験した全員が合格した。
 合格した西村藍海さん(18)は「部活や生徒会活動と両立しながらの受験勉強は大変だった。将来は畜産の道に進みたい。指導者として学校でも教えたい」と話していた。4月から琉球大学農学部に進学する。
 ガソリンや灯油などを扱える危険物取扱者資格に合格した山城一朗君(17)は「将来は農業に取り組みたい。ハウスの暖房などで資格を生かしたい」と意欲を見せた。