経済

久米島の久米仙、バーテンダー協会に賛助会員に

カクテル向けの泡盛をPRする久米島の久米仙の島袋昭彦専務(左)と営業部の兼城靖課長=浦添市の同社

 久米島の久米仙(久米島町、島袋正也社長)は、県内の泡盛酒造メーカーとして初めて日本バーテンダー協会(NBA)の賛助会員に登録された。全国約4千人の会員がカクテル向けとしての泡盛を同社から購入し、毎月発刊される機関誌にも商品が紹介されるなど、泡盛のさらなる普及に期待がかかる。

 協会の賛助会員は現在、全国の大手飲料メーカーや輸入業者、卸売業者など計55社。毎年技能競技大会を開くなどし、会員の技能向上に努めている。
 久米島の久米仙は5月から登録された。きっかけは昨年3月、久米仙がカクテル向けの泡盛として発売した「KUMEJIMA’S KUMESEN(クメジマズ クメセン)」(40度)。主な泡盛の新酒はアルコール度数30度だが、カクテルを作るベースとなるジン、ウオツカ、ラム、テキーラなどの蒸留酒(スピリッツ)は40度が多いため、かんきつ類などと混ぜるカクテル向けに度数を高く設定した。
 アルコール度数のほか、洋酒が並ぶ店内にも溶け込めるデザインも県内のバーテンダーから高評価を受け、NBA県支部から東京の本部に推薦された。
 同社営業部の兼城靖課長は「今後バーテンダーの競技大会でもブースを展示して商品を紹介できる。芋や麦などの焼酎の中でも泡盛はカクテルと相性が良く、今回の登録でさらに可能性が広がる」と語った。