篠山紀信展1万人突破 金城史弥さん「良い記念になった」


社会
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
篠山紀信展来場者1万人目の記念品を贈呈され、笑顔を見せる金城史弥さん(右から2人目)と妻の麻華さん(右端)=7日午後、那覇市おもろまちの県立博物館・美術館

県立博物館・美術館で開催中の「篠山紀信展 写真力」(主催・琉球新報社、沖縄テレビなど)は7日午後、来場者が1万人を突破した。1万人目の来場者となった金城史弥(ふみや)さん(32)=浦添市=には琉球新報社事業局の宜保靖局長と沖縄テレビ事業局の川上正局長から篠山氏の直筆サイン入り写真集が贈られた。

妻の麻華(おはな)さん(31)と共に来場した金城さんは「きょうは入籍1年の記念として、妻と2人で時間を過ごした。1万人目に選ばれて、ダブルで良い記念になった」と喜び、麻華さんも「ジョン・レノンとオノ・ヨーコの写真が見たくて来場した。とてもうれしい」と笑顔で話した。
同写真展は31日(日)まで。