社会

大卒離職、32%に上昇 宿泊・飲食業で5割超

 厚生労働省は7日、大卒で就職後3年以内に仕事を辞めた人の割合が、2011年3月卒業者で32・4%と、前年の卒業者と比べて1・4ポイント増加したと発表した。11年卒は厳しい雇用環境で不本意な就職をした人が多かったことから、早期離職の増加につながったとみられる。
 業種別では宿泊・飲食サービス業が52・3%と最も高く、次いで生活関連サービス・娯楽業が48・6%、教育・学習支援業が48・5%と、サービス関連の業種で離職率が高かった。
 厚労省は「入社後にイメージと実態のギャップから離職に至らないよう、企業には採用活動時の十分な情報開示を促していく」としている。
(共同通信)