経済

泊魚市場で初競り 44トン水揚げ

威勢の良い掛け声でマグロなどを競り落とす仲買人ら=5日午前5時、那覇市の泊魚市場

 那覇市の泊魚市場で5日早朝、初競りがあり、漁業、行政関係者らが航海安全、豊漁、商売繁盛を祈願した。市場では仲買人の威勢の良い掛け声が響き、マグロを中心にカジキなどが競り落とされ、熱気に包まれた。

 同日の総水揚げ量は約44トンで、うち約40トンがマグロで占められた。この日の高値は、メバチマグロで1キロ当たり3500円を記録。高級魚アカジン(和名・スジアラ)は、1キロ当たり3千円の高値が付いた。
【琉球新報電子版】
英文へ→The year’s first auction at Tomari Fish Market



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス