地域

海藻で新メニュー 恩納村27店舗、来月までフェア

高級海藻グルメフェアをPRする第2代ミス恩納ナビーの横田亜矢加さん(左)と伊波彩絵さん=7日、琉球新報北部支社

 【恩納】海ブドウ、モズク、アーサの養殖発祥の地とされる恩納村で、これら特産物を活用したイベント「おんなサンセット海道高級海藻グルメフェア」が開催されている。2月28日までの期間、村内の西海岸を走る県道6号と国道58号を指す「おんなサンセット海道」沿いの27店舗で、いずれかを食材にしたメニューを提供し、ものづくりと食の魅力を発信していく。

 昨年に続く取り組みで村商工会が企画した。昨年より4店舗増え、27店舗中22店舗は新たなメニューを提供する。
 村商工会の當山憲一会長や経営指導員の上原善彦さん、第2代ミス恩納ナビーの横田亜矢加さん、伊波彩絵さんが7日、琉球新報北部支社を訪れ、同イベントをPRした。
 横田さんは「県内外の客にたくさん食べてほしい」とし、伊波さんは「村民でもあまり目にしたことがないメニューもあり、観光PRの一つになると思う」と話した。
 村商工会は各店舗のメニューをまとめたガイドブックを作成。商工会ホームページでもガイドブックの内容を紹介している。イベントの問い合わせは商工会(電話)098(966)8258。