社会

国会包囲し「辺野古新基地反対」 7千人参加、2度成功

辺野古への新基地反対を訴え、国会を包囲する参加者ら=25日午後3時25分ごろ、国会正門前

 【東京】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に反対の意思を示そうと、首都圏に住む市民団体や学者、県出身者らが国会を取り囲む「国会包囲ヒューマンチェーン」が25日にあり、約7千人(主催者発表)が2回の国会包囲を成功させた。参加者らは「基地を造るな」「海をつぶすな」と気勢を上げ、沖縄と連帯する意思を示した。

 午後2時から国会正門前で開かれた集会には、続々と参加者らが集結。県選出国会議員や沖縄出身の学生らがあいさつするたびに大きな拍手が湧いた。主催者によると、包囲行動は午後3時15分、同25分の2回とも成功したという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス