社会

県内路線バス回数券、あす販売終了

 沖縄県内バス4社が発行する路線バス回数券の販売が26日で終了する。27日からは回数券に代わりICカード乗車券「オキカ」が利用できるようになる。購入済みの回数券は、来年3月末まで利用できる。回数券利用者からは「回数券は15%割引だったので残念」「オキカは両替が必要ないので便利になる」など賛否両論があった。

 通勤で回数券を使っている古謝哲さん(49)=那覇市、会社員=は「回数券の割引がありがたかった。1割ほど安くしてほしい」と話した。通学で利用している松田祥揮さん(21)=浦添市、専門学校生=は「15%割引がなくなるので今後は自動車を使い、使わざるを得ない時だけバスに乗ると思う」と語った。
 仲本興雄さん(64)=那覇市、会社員=は「オキカになると両替の必要がなくなる。県外でも使えるようになると出張の時にも便利だ」と要望した。今村信子さん(43)=那覇市、主婦=は「オキカ1枚で事足りるのは便利だ。割引額が減るのは仕方がない」と話した。