社会

子ザル「シャーロット」変えず 大分・高崎山

大分市の高崎山自然動物園で「シャーロット」と名付けられた子ザル=6日(同園提供)

 大分市の高崎山自然動物園が、子ザルに英国王女にちなんで「シャーロット」と名付け、批判を受けている問題で、園を管理する市は8日、名前を変更しない方針を明らかにした。

 高崎山自然動物園は野生ザルの餌付けで知られ、今年最初に生まれた雌の赤ちゃんザルの名前に、公募の結果最多だった誕生したばかりの英国王女「シャーロット」の名前をつけた。
 しかし、直後から「英国に失礼だ」などとメールや電話で批判が殺到。園は大分市と取り消すかどうかを協議し、英国大使館に意見を求めて対応を決めるとしていた。
 園職員の種村将さんは「名前が決まるのはいい方向だと思う」と語った。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス