地域

全国闘牛サミット闘牛大会 熱戦に歓声、うるま市

県外の代表牛や各地独特の牛主のヤグイなど多彩な魅力を見せた全国闘牛サミット闘牛大会=9日、うるま市石川多目的ドーム

 【うるま】うるま市合併10周年記念事業「全国闘牛サミット闘牛大会」(主催・同実行委員会、共催・うるま市、市闘牛連合会、県闘牛組合連合会、琉球新報社)が9日、市石川多目的ドームで開かれた。隠岐の島、宇和島、徳之島から代表牛が参戦し、全11戦が繰り広げられた。一進一退の攻防に客席からも子どものヤグイ(掛け声)や、闘牛ファンの歓声が響き、沖縄の闘牛文化を内外に発信する一夜となった。

 意地と意地のぶつかり合いとなった徳之島代表・岩竜パンダと沖縄代表・古堅モータース白眉の横綱戦は、岩竜パンダが23分の持久戦を制し「闘牛の島」の王者の貫禄を見せつけた。
 岩竜パンダの牛主の1人、鮫島文秀徳之島闘牛連合会会長(74)は「感無量。2度の50分の試合に負けたことはない。10分すぎから安心していた」と勝利を誇った。一方、古堅モータース白眉の牛主、佐久川政秀さん(58)=読谷村=は「優勢だったが油断した。牛は勝ったが、勝負に負けた」とため息をつき、リベンジを望んだ。
 宇和島代表牛の衣装が紹介されるなど、他県の闘牛の魅力も披露された。10日正午からは春の全島闘牛大会が同会場で開かれる。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス