社会

県内でも不審電話 日本年金機構個人情報流出

 日本年金機構の個人情報流出問題で機構の職員を名乗るなどの不審な電話が全国で相次いでいる件で、県内でも3日午後に宜野湾市在住の男性(69)に不審な電話がかかってきたことが分かった。

男性は不審な電話と気付き途中で電話を切ったため、詐欺被害などはなかった。男性が機構に確認したところ、機構は男性の個人情報が流出したことを認めたという。
 男性によると、不審な電話は女性の声で年金機構の職員を名乗り「アンケートに答えてほしい」とさらに個人的な情報を聞き出そうとした。
 男性は「テレビで『年金機構から直接電話がかかってくることはない』と注意を呼び掛けていたのですぐに怪しいと思い、電話を切った」と話した。
 日本年金機構は不審な連絡があった場合などの問い合わせに応じる専用電話窓口を設けている。電話番号は、フリーダイヤル(電話)(0120)818211。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス