社会

島ぐるみ会議に贈呈 日隅一雄・情報流通促進賞特別賞

島袋 純琉球大教授

 【東京】表現の自由や情報公開などに尽力した個人や団体を表彰する第3回日隅一雄・情報流通促進賞(同基金主催)の表彰式が17日、東京都内であり、米軍普天間飛行場の辺野古移設反対運動を支援する「沖縄『建白書』を実現し未来を拓(ひら)く島ぐるみ会議」に特別賞が贈られた。

 表彰を受けた同会議国連部会長の島袋純琉球大教授は「沖縄の歴史を継承し、自己決定権を勝ち取るのが会議の取り組み。賞は励みになる」と喜んだ。
 会議は移設阻止の市民運動を支援し、SNSを通じて辺野古や高江の状況を発信している。国連や米議会、海外メディアなどにも働き掛けていることが「住民主権を貫徹し、情報発信・提供活動で公正な情報の流通、促進を図っている」と評価された。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス