社会

翁長知事がハワイ入り 姉妹都市30周年記念式典出席へ

ハワイに到着し、ハワイ沖縄連合会の関係者らから歓迎を受ける翁長雄志知事ら=現地時間9日午前(日本時間10日午前)、米ハワイ州ホノルル空港

 翁長雄志知事は米ハワイ州と沖縄県との姉妹都市提携30周年記念式典や関連行事への出席のため、9日午前(日本時間10日午前)、同州のホノルル空港に到着した。ハワイ沖縄連合会の比嘉マーク英幸会長ら関係者から歓迎を受けた翁長知事は記者団に対し「友情を温め、ハワイと沖縄のつながりを未来へつなげていくために来た。大変うきうきしている」と笑顔を見せた。

 13日までのハワイ滞在中に、デービッド・イゲ米ハワイ州知事と臨む「沖縄・ハワイクリーンエネルギー協力に関する覚書」の更新調印式、ハワイ大学と沖縄科学技術大学院大学(OIST)、県立芸術大学との学術交流に関する協議などを予定している。翁長知事は「大変濃い内容だ。これからの交流の礎になっていけば」と期待した。
 ハワイ沖縄連合会の比嘉会長は「広がりのある議論ができればと思う」と話した。
 【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス