地域

創業31年「千里」惜しまれ幕 タコライス考案、金武の老舗

看板が外され、31年の歴史に幕を閉じたタコライスの元祖「パーラー千里」=12日、金武町金武

 【金武】全国区の沖縄料理となったタコライスを初めて考案した金武町金武の「パーラー千里」が6月29日、閉店した。1984年の創業以来、31年間愛され続けた名店の幕引きに、ファンからは惜しむ声が聞かれる一方、系列店で同じ味を楽しみにしているとの声が聞かれた。

 パーラー千里と同じタコライスは、県内に7店舗ある系列店「キングタコス」で提供している。
 同店は昨年12月に他界した儀保松三さん(享年85)が創業した。人員不足が深刻で、ここ半年ほどは金~月の週4日しか開けていなかった。同じく人手の足りない系列店や工場に人員を回すことも念頭に置き、6月上旬に閉店を決めた。スタッフに負担をかけるのなら閉店もやむなしという儀保さんの意向もあった。
 儀保さんの孫でキングタコス代表の島袋小百合さん(39)は「(経営する)家族の苦労や思い出が詰まったお店を残したかったが、スタッフのことを優先した。これからも(系列店で)安くておいしくボリューム満点のタコライスを提供したい」と話す。
 タコライスを超える知名度を目標に活動しているという町出身バンド・ZUKANのボーカル・じゅんぼさん(36)は「高校時代、部活中に舌をかんで痛みが染みる中でも完食した。タコライスで金武町を広めてくれた千里さんに感謝している」と振り返った。
 2007年に町内のタコライスの早食い大会で優勝した長濱広樹さん(28)=那覇市=は「店がなくなっても、パーラー千里のタコライスが自分の血や肉になっていることを考えると寂しくない」と前向きだ。
英文へ→Taco Rice creator Parlor Senri closes after 31 years